妊娠したかも?と思ったらまず産婦人科へ

妊娠が判明したら早めに病院へ
妊娠検査薬で妊娠の反応がしっかりと出たら、ほぼ100%妊娠していることは確実ですので、できるだけ早めに病院に行くことが先決となります。

そもそも妊娠検査薬でわかるのは、妊娠しているかいないかのみで子宮外妊娠のような正常でない場合でも反応が出てしまいます。
子宮外妊娠とは卵管などの子宮以外の場所に受精卵が着床してしまっていることで、残念ながらその場合は妊娠を継続することはできません。むしろそのまま放置しておくと受精卵が成長することで、卵管などの妊娠に関わる臓器に悪影響を及ぼす危険があるのです。

そのためにも妊娠が判明したらまずは病院を受診するのが最適です。子宮外妊娠なのかどうかは病院で行っているエコーでしかわかりません。
忙しい、面倒、恥ずかしいなど病院に行くのを先送りにしてしまうと最悪、命に関わる場合も出てきてしまいます。そうなると将来的に妊娠が難しい体になってしまう可能性も出てきてしまうのです。

また子宮外妊娠はなりやすい人、なりにくい人がいるわけでなく一定の確率で起こるんだそうです。決して母体のせいではありませんのでご自分を責めたり、パートナーの方を責めるような発言は絶対にしないようにしてください。
せっかくできた命ですから、できるならば産まれてきてほしいという気持ちは分かりますが現代の医学をもってしても子宮外妊娠を治療する方法はまだ確立されていません。
つらい気持ちはあるとは思いますが前向きに、次の機会へ気持ちを切り替えることも必要なのです。

子宮外妊娠だった場合、処置は早ければ早いほど母体へのダメージは少ないと言われています。
赤ちゃんのためだけでなく、お母さんの体のためにも妊娠が分かったら早めに病院へ行くようにしてください。

Author

  • 名前:ふみや
  • 性別:男
  • 年齢:21歳

私の名前はふみや、鳥取県に住んでいます。現在21才の大学生です。子供の頃から鳥取砂丘のすぐ近くで育ちました。大学では、経済学を専攻しています。休日に日本海沿いの海岸線をバイクで走るのが一番の楽しみです。

検索

ページのトップへ戻る