妊娠中期から通える妊婦向けエクササイズ

安定期からOKの妊婦向けエクササイズ
・マタニティビクス
妊娠14週から通える、妊婦向けのエアロビクス教室。マタニティエクササイズの草分け的存在で、妊娠中から産後まで人気の高いスクールです。
ストレッチやゆっくりとしたリズムの運動からスタートするので運動経験のない方でも気軽に始められます。脂肪の燃焼に効果の高い有酸素運動がメインなので妊娠中の体重コントロールだけでなく、産後の体型維持にも効果的。
更に、骨盤や産道付近の筋肉を鍛えられるうえに体力もつくのでお産をスムーズに進めやすくなり、産後の回復も早いそうです。お腹が大きくなってくると多くの方が悩む腰痛にも非常に効果があるようです。
様々な妊婦向けエクササイズがある中でも人気ナンバーワンです。

・マタニティヨガ
スクールによって前後しますが、大体が妊娠14週以降から始められます。呼吸法をメインに、妊婦でも無理のないポーズが多いのが特徴。エアロビクスのように動き回らないので運動が苦手な方でも続けやすいです。
最初は呼吸法やリラックスできる簡単なポーズから始め、体幹を安定させるのに最適なポーズをメインに進めていきます。無理なくインナーマッスルが鍛えられるので内臓や骨盤が正しい位置に戻り、便秘や腰痛、手足のむくみの改善や安産にもつながると言われています。
ほとんどのスクールが産後、育児中も通えるクラスを展開しているので長く通えるというメリットも。
モデルさんや女性芸能人が多く取り入れていることもあり、若い世代の方を中心に人気なようです。

・マタニティスイミング
妊娠13週ごろから始まられます。こちらもマタニティビクス同様、妊婦向けエクササイズとしては非常に知名度の高いレッスン。水の浮力を利用して運動を行うので腰などに負担がかかりにくく、無理なくエクササイズを行うことができます。
マタニティクラスの場合は泳ぐというより水の中で動くことがメインで、音楽合わせて体を動かしたり、プールの中を自分のペースで歩いたりと基本的には軽い運動となります。
水圧の効果でむくみの改善も期待でき、普段よりも体の重さを感じにくいので簡単に筋肉を鍛えられるのが最大の特徴です。しかし水の中なので体が冷えやすいため、季節によってはあまり適さない場合もあります。

他にもピラティスやバランスボールなどを使ったエクササイズなど、スクールによって妊婦向けエクササイズは多種多様にあります。
また体を動かすことでストレス発散にもなるため、心のバランスの安定のためにもエクササイズは非常におすすめです。

Author

  • 名前:ふみや
  • 性別:男
  • 年齢:21歳

私の名前はふみや、鳥取県に住んでいます。現在21才の大学生です。子供の頃から鳥取砂丘のすぐ近くで育ちました。大学では、経済学を専攻しています。休日に日本海沿いの海岸線をバイクで走るのが一番の楽しみです。

検索

ページのトップへ戻る