タクシー?救急車?見分けるポイントとは?

救急車を呼ぶか見分けるポイントは緊急性
陣痛が起きて入院する場合は、救急車を使わないことが一般的です。
ほとんどの方が出産まで数時間かかるので緊急ではないということから、病院でも救急車はつかわないよう指導されていますね。
しかし、あまりにも救急車を呼ばないことにこだわり過ぎてはいけません。あまりにそれに固執し過ぎてしまい、自宅や社内で出産してしまっては大変です。

そのために、まずは自分の妊娠の経過と病院までの道のりを知っておくことが大切です。1人目がスピード出産だったり、正期産前から子宮口が開き気味だったり、初産の方でもお母様がお産が早いタイプだったりした場合は注意が必要です。
あれよあれよというまにお産が進んで、慌てて分娩台に乗ったという話はよく聞きます。そのような方は助産師や医師に陣痛が来た場合の対応をきちんと相談しておくといいと思います。
また、病院までの道のりが渋滞しやすい場合も気を付けてください。渋滞につかまり、思いのほか時間がかかってしまって冷汗をかいた経験をお持ちの方も多いはず。
これもたくさんの妊婦さんを受け入れている病院のスタッフであればある程度道路状況を把握していると思いますので、ぜひ相談してみてください。救急車を使うことも頭に入れておいた方がいいのか確認しておけば、いざというときも心強いですね。

しかし、妊娠の経過が順調であっても大量に破水したり出血がひどい場合は、救急車を呼ぶことも意識したほうがいいです。妊婦さんの意識がしっかりしているのであれば、病院に確認して対応を行うのがベスト。
妊婦さんの意識がない場合は有無を言わさず救急車を呼びましょう。出産は病気でありませんが意識がない、大量に出血しているなど緊急を要するのであれば、医療的措置が必要ですので、救急車の出番です。
すぐ救急車を要請し、その後病院へ連絡して指示を仰いでください。個人病院や助産院では危険な状態の妊婦さんはまず受け入れが難しいため、どの病院に行ったらいいか、救急車が到着するまでに聞いておいてください

一時期救急車をタクシー代わりにする妊婦さんが増えて取り沙汰されることが多くなりましたが、病院からの指導で、最近はかなり減ってきているようです。
むしろ出産では救急車は呼ばない、だけが根強く残ってしまい、自宅や車内で出産してしまったり、危険な状態になってしまうことが少なからずあるんだとか。

東京消防庁でも、出産の際であっても本人や家族が緊急と判断したのであれば、遠慮なく救急車を呼んでほしいと呼びかけています。
緊急ならば出産でも救急車を使ってもよい、というのだけでも、ぜひおぼえておいてください。

Author

  • 名前:ふみや
  • 性別:男
  • 年齢:21歳

私の名前はふみや、鳥取県に住んでいます。現在21才の大学生です。子供の頃から鳥取砂丘のすぐ近くで育ちました。大学では、経済学を専攻しています。休日に日本海沿いの海岸線をバイクで走るのが一番の楽しみです。

検索

ページのトップへ戻る